なるほど通信コラム

VPNは本当に必要なのか?VPNの活用事例とどのような人に必要なのかを解説

VPNは本当に必要なのか?VPNの活用事例とどのような人に必要なのかを解説

インターネット利用時のセキュリティを強化し、プライバシーを保護するために、VPN(仮想プライベートネットワーク)が注目されています。

この記事では、インターネット上での安全な通信を実現するVPNの仕組みやメリットなどについてご紹介します。

泊木所長
泊木所長
テレワークやフリーWi-Fi利用、ビジネスシーンでの活用事例もご紹介しています。

安心してインターネットを楽しむために参考にしてみてください。

  • この記事の監修者
トミー

トミー(ネットワークエンジニア)

関東出身、通信業界に約20年身を置く現役の通信技術者です。
これまでに販売代理店での固定系回線販売や、プロバイダーでのテクニカルサポート業務を経て技術畑に転身。
現在はモバイルネットワークに関わる業務に約16年従事し、無線通信や通信基地局向けの光回線、IPネットワーク等の技術と日々向き合っています。
このサイトでは、快適な通信環境を整えるための情報を、簡潔に噛み砕いて分かりやすく伝える事を心がけています。» 運営者情報

そもそもVPN(仮想プライベートネットワーク)とは?

そもそもVPN(仮想プライベートネットワーク)とは?

VPN(Virtual Private Network)は、インターネット上で安全な通信を実現するために使用するツールです。

物理的に離れた拠点を仮想ネットワークで結び、安全なデータ通信を行う仕組みです。

通常のインターネット回線を利用しても、トンネリングや暗号化により安全な通信ができます。

VPNを使用すると、遠隔地から会社のネットワークに安全に接続し、社内システムやファイルサーバーを利用できます。

VPNの必要性は個人の状況とニーズに依存しますが、フリーWi-Fiを頻繁に利用する人やテレワークを行う人にとっては重要なセキュリティツールです。

ただし、VPNが必須であるわけではありません。

自宅でのインターネット利用や重要な情報の送信が少なければ、VPNは不要かもしれません。

VPNはフリーWi-Fiなどのネットワークで安全な接続を確立する技術であり、データの暗号化によってオンライン上の個人情報を保護します。

これによって、第三者がユーザーのインターネット活動を追跡したり、データを盗むのが困難になります。

VPNの主なメリットは安全性とプライバシー

VPNの主なメリットは安全性とプライバシー

泊木所長
泊木所長
VPNの利用には以下のようなメリットがあります

VPNのデメリット

  • 暗号化された通信によるセキュリティの向上
  • 位置情報やIPアドレスを隠す事ができる
  • 地域制限のあるコンテンツやサービスにアクセス可能(ただし注意点あり)

暗号化された通信によるセキュリティの向上

VPNを使用すると、データが暗号化されるため、フリーWi-Fiなどのネットワークを利用しても、オンライン活動を保護できます。

これによって、ハッカーやサイバー犯罪者による暗号解読も困難になります。

VPNを利用することでオンラインのセキュリティとプライバシーが向上し、安心してインターネットを使用できます。

位置情報やIPアドレスを隠す事ができる

VPNは、インターネット接続を仲介する中間サーバー(VPNサーバー)を通じて行うため、ユーザーの実際の位置情報を隠すことができます。

VPNを利用すると、通常、位置情報に関するデータは、選択したVPNサーバーの位置から取得されます。

たとえば、日本にいながらVPNを使用してアメリカのVPNサーバーに接続している場合、ウェブサイトへのアクセスやオンライン活動に関する位置情報は、アメリカのサーバーの位置として表示されます。

これにより、第三者によるユーザーの実際の位置の特定が困難になります。

ただし、VPNサービスの設定や使用方法により、一部の位置情報が漏れる可能性があるため、注意が必要です。

地域制限のあるコンテンツやサービスにアクセス可能(ただし注意点あり)

VPNで接続先を別国のVPNサーバーに変更することで、国外のコンテンツにアクセスしやすくなります。

この手法を使用すると、地域制限のあるコンテンツやサービスにアクセスすることができます。

例えば、動画配信サービスなどを利用していて、「お住まいの地域ではご利用いただけません」とメッセージが出る事があります。

これは、運営側が国や地域によって利用制限をかけているためです。

ただし、VPNを使用して地域制限を回避する際は、サービスの利用規約に違反しないよう注意が必要です。

一部のコンテンツやサービスでは、VPNによるアクセスを制限しています。

そのため、VPNを使用して地域制限を回避する場合は、利用規約を確認し、遵守することが重要です。

また、国ごとに法律や規制が異なるため、VPNを使用したインターネットアクセスは、その国の法律や規制に従って行う必要があります。

VPNのデメリットは通信速度の低下と料金

VPNのデメリットは通信速度の低下と料金

泊木所長
泊木所長
VPNの主なデメリットは通信速度の低下とコスト面です。

VPNのデメリット

  • 一般的に通信速度は遅くなる
  • 無料の物もあるが基本的には料金が掛かる

一般的に通信速度は遅くなる

VPNを利用すると、通信が暗号化されるため、通常のインターネット接続に比べて速度が低下する可能性があることを理解しておきましょう。

VPNは、ユーザーのデバイスとインターネットの間に暗号化されたトンネルを仮想的に作成します。

このトンネルを通るすべてのデータは暗号化と復号化の過程を経るため、通信速度の低下を引き起こす可能性があります。

特に、無料のVPNサービスや品質の低いVPNサービスを利用する場合、速度低下が目立つことが多いです。

さらに、使用するVPNサーバーが現在地から遠い場所にある場合(離れた国のVPNサーバーを使用する場合)または、多くのユーザーが同時に接続している場合も、速度低下が生じます。

VPNの品質はVPNプロバイダーによって異なりますので、信頼性が高いサービスを選ぶことが重要です。

無料の物もあるが基本的には有料

高品質のVPNサービスを利用するためには、月額または年額の料金が必要です。

有料のVPNサービスは、高速なサーバー、強力な暗号化、広範囲の地域カバレッジなど、無料のものにはない多くのメリットがあります。

無料のVPNサービスは、一般的に広告を表示したり、ユーザーのデータを収集したりすることで運営費を賄っています。

そのため、プライバシーを重視するユーザーにとっては、有料のVPNサービスを選ぶことがおすすめです。

VPNが必要な人はどんな人?

VPNはどのような人にとって必要なのか?

繰り返しになりますが、VPNはインターネット上でプライベートな通信ネットワークを作成する技術です。

泊木所長
泊木所長
その主な目的は、通信のセキュリティ強化とプライバシーを保つことです。

では、VPNは誰にとって必要なのでしょうか?

VPNはこんな人におすすめ

  • インターネット上でのセキュリティを重視する人
  • アプリやWebコンテンツなどの地理的制限を回避したい人

インターネット上でのセキュリティを重視するユーザー

フリーWi-Fiは、利便性の面から暗号化せずに平文でデータの送受信を行っていることがほとんどです。

VPNを使用すると、フリーWi-Fiなどのネットワークでもデータを暗号化し、オンライン上での個人の情報を隠すことができます。

このため、第三者によるユーザーのインターネット活動の追跡やデータのハッキングを難しくします。

泊木所長
泊木所長
特に外出先でフリーWi-Fiを活用されている方は、VPNの利用をおすすめしたいです。

アプリやWebコンテンツなどの地理的制限を回避したいユーザー

ユーザーが現在地情報を隠すことで、地理的に制限されたコンテンツへのアクセスが可能になります。

これにより、ユーザーは世界中のウェブサイトやサービスにアクセスできます。

ただし、一部のコンテンツやサービスでは、VPNを使用して地域制限を回避することを禁じています。

泊木所長
泊木所長
VPNを使用して地域制限を回避する場合は、利用するコンテンツやサービスの利用規約を必ず確認するようにしてください。

VPNはどのような場面で利用されるのか?ビジネスシーンでの活用事例

VPNはどのような場面で利用されるのか?ビジネスシーンでの活用事例

インターネットの世界は情報があふれ、コミュニケーションが自由に行われる場ですが、情報漏洩などのリスクも伴います。

そのリスクを最小限に抑えるために、VPNの利用は有効です。

特にビジネスの場では、高い秘匿性が求められる情報の取り扱いが多く、十分な対策が必要です。

泊木所長
泊木所長
ビジネスシーンでは、どのような場面でVPNが活用されるのか一例をご紹介します。

外部から社内ネットワークに安全に接続する

VPNに接続されたデバイスにはIPアドレスが割り当てられ、社内ネットワークに安全に接続できます。

テレワークを行っている従業員と社内の安全な通信に、VPNは活用されます。

複数拠点でひとつの社内ネットワークを構築する

VPNは、複数の拠点からアクセスできる社内ネットワークを構築するのに役立ちます。

これにより、社内の情報を安全に共有できます。

自宅の光回線にVPNは必要か?

自宅のネットワークも100%安全とは言えませんが、必要かどうかは個々のニーズや利用状況によります。

例えば、スマートホームデバイスやIoTデバイスの普及に伴い、これらのデバイスをターゲットとしたサイバー攻撃も増えています。

また、リモートワークの普及により自宅からのビジネス関連の通信も増えており、これらの通信を保護し安全に通信するためにはVPNを使用することが望ましいです。(一般的には会社側から指定されたVPNを用意するケースが多いです)

また、前述した通りVPNを使用することで、地域制限のあるコンテンツへのアクセスや、オンラインでの匿名性の確保などができます。

これらを考えると、自宅の光回線にVPNを導入することはメリットが大きいです。

(まとめ)VPNはセキュリティを重視するユーザーにおすすめ

(まとめ)VPNはセキュリティを重視するユーザーにおすすめ

泊木所長
泊木所長
最後にこの記事の要点をまとめます。

VPNは以下のような人におすすめです。

VPNはこんな人におすすめ

  • インターネット上でのセキュリティを重視する人
  • アプリやWebコンテンツなどの地理的制限を回避したい人

まとめ

  • VPNはデータの暗号化や位置情報の保護、プライバシーの確保などのメリットがある
  • 自宅や社内のネットワークへの安全なアクセスなど、さまざまな場面でVPNを活用できる
  • VPNの利用には、通信速度の低下や利用料金がデメリットとして存在する
  • セキュリティとプライバシー保護を強化するために、VPNの活用を検討しましょう

【編集部おすすめVPN】
通信速度が速く、接続できるサーバー台数が多い!

NordVPNNordVPN

参考リンク

おすすめ通信のプロが選ぶVPNおすすめランキング!安くて安心して使えるのはどれ?

参考ブロードバンド回線とは通信帯域が広い回線の事!光回線とは何が違うの?

  • この記事を書いた人

リアルネット技研 光アクセス担当

光回線を中心に無線・有線問わず、安くて速い最強のネット回線を選ぶためのリアルな情報を発信しています。ネット回線の事なら全てお任せください。 サイト上での解説や表現について分かりにくいと感じる点がございましたら、お手数ですがコメント欄やお問合せフォームからご連絡いただけますと幸いです。貴重なご意見を元に当サイトの精度向上に努めて参ります。

人気の記事

1

当サイト内に掲載されている商品は一部PRを含みます おすすめ光回線総合ランキングを見る 令和4年7月1日改正の電気通信事業法について 2022年7月1日以降の通信回線契約において、月額料金1ヶ月分を超 ...

2

おすすめ10G光回線 5選 回線事業者 月額料金(税込) ソフトバンク光 光コラボ回線 6,380円 6ヶ月目まで500円キャンペーン中 とくとくBBドコモ光 光コラボ回線 2年縛りプラン:6,380 ...

3

「光回線を契約しようと思うけれど、最近10Gのプランもあるらしい」 「1Gと10Gって何が違うの?」 これまでの光回線の規格は1Gが主流でしたが、最近では10Gのプランも登場しています。 本記事では、 ...

4

光回線にこだわりがない方は、コンセントに挿すだけですぐに使える5G対応ホームルーターなら最短翌日〜利用可能です。 令和4年7月1日改正の電気通信事業法について 2022年7月1日以降の通信回線契約にお ...

5

光回線以外のおすすめインターネット回線を見る 令和4年7月1日改正の電気通信事業法について 2022年7月1日以降の通信回線契約において、月額料金1ヶ月分を超える違約金の請求はできなくなりました。 こ ...

-なるほど通信コラム
-