光回線の知識

ベストエフォート型の光回線では確実な通信速度や品質は保証されない!

ベストエフォート型の光回線では確実な通信速度や品質は保証されない!

ベストエフォート(Best Effort)は、直訳すると最大の努力という意味になり、通信帯域の保証を伴わないサービス方式を指します。

一方、ベストエフォートではない方式は、ギャランティ方式と言います。

泊木所長
泊木所長
この記事では、通信サービスの提供方式と、その特徴を詳しく解説します。
  • この記事の監修者
トミー

トミー(ネットワークエンジニア)

関東出身、通信業界に約20年身を置く現役の通信技術者です。
これまでに販売代理店での固定系回線販売や、プロバイダーでのテクニカルサポート業務を経て技術畑に転身。
現在はモバイルネットワークに関わる業務に約16年従事し、無線通信や通信基地局向けの光回線、IPネットワーク等の技術と日々向き合っています。
このサイトでは、快適な通信環境を整えるための情報を、簡潔に噛み砕いて分かりやすく伝える事を心がけています。» 運営者情報

光回線のベストエフォート方式とは?

光回線のベストエフォート方式とは?

泊木所長
泊木所長
代表的な3種類のサービス提供方式について解説します。
提供方式特徴
ベストエフォート方式最大限の努力でデータ送受信するが通信帯域は保証されないタイプ(混雑などの影響により通信品質が変化する)
ギャランティー方式利用可能な通信帯域を予め確保(保証)するタイプ
バースト方式ギャランティ方式の帯域ではカバーできずに溢れるトラフィックを、ベストエフォート方式で処理するタイプ

最大限の努力でデータ送受信するが通信速度や品質は保証されない

ベストエフォート(Best Effort)は、直訳すると最大の努力という意味になり、通信帯域の保証を伴わないサービス方式を指します。

この方式の最大の特徴は、一つの伝送路を複数のユーザーと共用することです。

使用できる通信帯域がユーザー(トラフィック)の増減により変化するため、それに伴い通信速度等の通信品質も変化します。

通信インフラを共有し、効率的に使用することができるため、結果として利用料金を安く抑えることができます。

一般的な光回線のサービスはこのベストエフォート方式で提供されています。

帯域を保証するタイプはギャランティ方式

使用できる帯域を予め確保し、他ユーザーの影響を受けないようにしたのが、ギャランティー方式(guarantee = 保証)です。

帯域を占有するため利用料金は高額になります。

主に銀行のATM用の回線など、事業用で使用される事が多く、24時間監視保守対応などのサービスが付帯する事も多いです。

一部の帯域のみを保証するのがバースト方式

バーストトラフィック発生時に、予め決められていたギャランティ方式の帯域ではカバーできずに溢れるトラフィックを、ベストエフォート方式で処理するタイプの回線です。

基本的にはこちらも事業用回線として使用されています。

 Burst Traffic(バーストトラフィック)= 短時間で大量に発生するデータトラフィック

なぜ通信契約ではベストエフォートタイプが一般的なのか

なぜ通信契約ではベストエフォートタイプが一般的なのか

ベストエフォート制度は、前述の通り「最大の努力」を意味しますが、通信業界においてはベストエフォート方式での提供が一般的です。

では、なぜこのような制度が一般的になっているのでしょうか。

泊木所長
泊木所長
以下に、その理由を解説します。

通信設備の効率的な利用につながる

通信ネットワークは、多くのユーザーが同時にアクセスすることが前提となっています。

ベストエフォート方式を導入することで、一つの伝送路を複数の利用者で共用しますので、通信設備の効率的な利用につながります。

帯域保証の光回線と比べて顧客に安く提供できる

通信速度を保証するサービスは、その保証分のコストが発生します。

ベストエフォート方式では、速度の保証をしないためサービス提供コストを大幅に削減することができます。

これにより、消費者にとっても利用料金を安く抑えることが可能となります。

柔軟なサービス提供が可能

通信速度の保証をしないことで、さまざまなサービスやプランを提供することが容易になります。

これにより、消費者のニーズに合わせたサービスを展開することができます。

光回線でなるべく高品質な通信をするためには

泊木所長
泊木所長
ベストエフォート方式の光回線でも高品質な通信は可能です。

ここがポイント

  • IPv6(IPoE)・ IPv4 over IPv6が利用できるプロバイダーを選ぶ
  • 10G(ギガ)など広帯域のプランを契約する

IPv6(IPoE)・ IPv4 over IPv6が利用できるプロバイダーを選ぶ

泊木所長
泊木所長
光回線の通信品質を向上させるためには、IPv6(IPoE)およびIPv4 over IPv6が利用できるプロバイダーを選ぶ事が重要です。

IPv6は、IPv4と比べてアドレスの利用可能性が高く、将来的なインターネットの拡張性やセキュリティに対応するための新しいプロトコルです。

IPv4とは「Internet Protocol version 4」の略で、インターネットの通信規格を指します。

一方、IPv6は「Internet Protocol version 6」の略で、IPv4の後継として開発された通信規格です。

IPv6(IPoE)とは?

IPv6接続には、PPPoE方式とIPoE方式の2つの方法があります。

PPPoE方式はPPP認証を使用し、都度IPv6アドレスを割り当てる方式です、一方、IPoE方式は「IPv6で接続点(POI点)までルーティングするため通信速度がより高速です。

そのため、IPv6(IPoE)接続が可能なプロバイダーやルーターを選ぶことをおすすめします。

IPv4 over IPv6とは?

IPv4 over IPv6は、IPv6の環境下でもIPv4アドレスによる接続の両方を可能にする接続方式です。

IPv6は、IPアドレスの枯渇問題を解決するために開発され、IPアドレスの数が2の128乗という大きさを持っています。

しかし、IPv4とIPv6は異なる通信方式なので、直接の互換性はありません。

そのため、IPv4とIPv6の両方に対応する通信方式が求められるようになりました。

そこで登場したのが「IPv4 over IPv6」です。

IPv4 over IPv6を利用することで、IPv4とIPv6の両方の通信方式を利用することができ、インターネットの通信速度や品質を向上させることができます。

「v6プラス」とは?v6プラスでおすすめの光回線はこの2つ

光回線の契約で、「v6プラスを契約した方が良い」というのを聞いて、気になっている方もいるのでは。 「v6プラス」対応の光回線なら、通信混雑を回避しやすく、より快適な通信が可能です。 ただ、v6プラスは ...

続きを見る

10G(ギガ)など広帯域のプランを契約する

10G(ギガ)など広帯域のプランは、通常の1Gプランよりも高速な通信が可能です。

10Gプランの最大のメリットは、通信速度が圧倒的に速いことです。

これにより、大量のデータを短時間でダウンロードしたり、高画質の動画をスムーズにストリーミングしたりすることが可能になります。

また、多くのデバイスが同時に接続されても、通信の安定性が保たれるのも大きな特長です。

しかし、提供エリアが限られていることや、月額料金が高くなることも考慮する必要があります。

10G(ギガ)などの広帯域のプランを契約することで、これまで以上の高速で快適なインターネット環境を手に入れることができます。

契約する前には、自身の利用環境やニーズに合わせて、プランの内容や料金、提供エリアなどをしっかりと確認することが重要です。

光回線開通までのつなぎは無料Wi-Fiレンタルがある会社で乗り切ろう!自分でレンタルする場合の注意点も解説

光回線の開通までに掛かる期間は、最短2週間〜数ヶ月に及ぶこともあります。 その間に引越し先でインターネット利用ができないのは、とても困ります。 そこで一部の光回線事業者では、光回線の申込者に限り開通ま ...

続きを見る

(まとめ)ベストエフォートタイプは最大限の努力で通信するが帯域は保証されない

(まとめ)ベストエフォートタイプは最大限の努力で通信するが帯域は保証されない

泊木所長
泊木所長
最後にこの記事の要点をまとめます。

まとめ

  • ベストエフォート方式は「最大の努力」を意味し、通信帯域の保証を伴わないサービス方式。
  • ギャランティ方式は通信帯域を予め保証する方式。
  • バースト方式はギャランティ方式の帯域を超えたトラフィックをベストエフォート方式で処理する方式。
  • ベストエフォート方式が一般的な理由は、通信設備の効率的利用や低コストでの提供が可能なため。

参考リンク

ソフトバンク「ベストエフォート型のサービス」とはどういったものですか?:https://www.softbank.jp/support/faq/view/18356

参考光回線はインターネット使い放題? 通信制限にかかる事はあるの?

  • この記事を書いた人

リアルネット技研 光アクセス担当

光回線を中心に無線・有線問わず、安くて速い最強のネット回線を選ぶためのリアルな情報を発信しています。ネット回線の事なら全てお任せください。 サイト上での解説や表現について分かりにくいと感じる点がございましたら、お手数ですがコメント欄やお問合せフォームからご連絡いただけますと幸いです。貴重なご意見を元に当サイトの精度向上に努めて参ります。

人気の記事

1

当サイト内に掲載されている商品は一部PRを含みます おすすめ光回線総合ランキングを見る 令和4年7月1日改正の電気通信事業法について 2022年7月1日以降の通信回線契約において、月額料金1ヶ月分を超 ...

2

おすすめ10G光回線 5選 回線事業者 月額料金(税込) ソフトバンク光 光コラボ回線 6,380円 6ヶ月目まで500円キャンペーン中 とくとくBBドコモ光 光コラボ回線 2年縛りプラン:6,380 ...

3

「光回線を契約しようと思うけれど、最近10Gのプランもあるらしい」 「1Gと10Gって何が違うの?」 これまでの光回線の規格は1Gが主流でしたが、最近では10Gのプランも登場しています。 本記事では、 ...

4

※毎年3月・4月は引越しシーズンのため開通工事予約が非常に取りにくくなります。なるべく早めのお申し込みを推奨します。 光回線にこだわりがない方は、コンセントに挿すだけですぐに使える5G対応ホームルータ ...

5

光回線以外のおすすめインターネット回線を見る 令和4年7月1日改正の電気通信事業法について 2022年7月1日以降の通信回線契約において、月額料金1ヶ月分を超える違約金の請求はできなくなりました。 こ ...

-光回線の知識